学習教材:英語版 Death Note 第2話

1. VOCABULARY

be overwhelmed

(動) 圧倒される

[派] (動) overwhelm: 圧倒する

recite

(動) 暗唱する、復唱する、詠唱する

[類] リサイタルはこの言葉から来てます。

flawless

(形) 欠点の無い、非の打ちどころがない、完璧な

stabbing

(名) 刃傷事件

can’t afford to V

(動) ~する余裕は無い

plus

(接) おまけに

[解] 文と文の間で使う。やや砕けたイメージ

weird

(形) おかしな、不思議な

[類] strange, odd

quadratic equations

(名) 二次方程式

drawer

(名) 引き出し

be stuck on

(動) ~に引っ掛かっている、~で止まっている

wanted by police

[イ] 指名手配の

outstanding

(形) 目立った、進行中の、発生中の

[解] 目立つという意味でつかわれることが多いですが、事件や案件の発生が認識されている状態を表す時に outstanding case: 進行中の事案 の様に良く使われます。

in which case

(副) その場合には、そうだとすると、そうなったら

toll

(名) 犠牲者、損失、通行料金

last time I checked

(副) 私の調べた限りでは、私が見た限りでは、私が覚えている限りでは

[類] if I remember correctly

urgent

(形) 緊急の、至急の、差し迫った

at any rate

[イ] いずれにしても、どんな犠牲を払っても

[解] ここの rate は料金の意味です。どんな料金であっても=いずれにしても、という意味です

execution

(名) 実行、施行、刑の執行

sooner or later

[イ] おそかれ早かれ

consider A B

(動) AをBとみなす

[類] consider A as B の方が良く使われると思います。

[類] consider A: Aについてよく考える

treat A as B

(動) AをBとして扱う

elaborate

(形) 精巧な、込み入った

(動) ~を改善する(改善して精巧にするイメージ)

plot

(名) 計画、シナリオ

I dare you.

I dare you to V.

[イ] やれるもんならやってみな。

[イ] やれるものならVしてみな。

confirm~

(動) ~を確認する

autopsy

(名) 検死

heart attack

(名) 心臓発作

a series of ~

[イ] 一連の~

absolutely

(副) 絶対的に

[派] absolute: 絶対的な

[解] 会話で 「その通り」 を意味する相槌としてAbsolutelyやDefinitely が使われます

have no choice but to V

[イ] Vするしかない

[解] 直訳すると「Vするしか選択肢を持っていない」

bring in N

(動) Nに(案件などを)持ち込む

whereabouts

(名) 所在

tackle

(動) 取り組む

last resort

[イ] 最後の希望

trump card

[イ] 切り札、奥の手

[解] 大富豪の"2″のような、ゲームで最強カードの事を指します。日本語のトランプは、英語ではplaying cards (又は cards)です。

[派] trump: (動) ~に打ち勝つ

extremely

(副) とんでもなく、非常に

arrogant

(形) 傲慢な

on the move

(形) 活動中の

incident

(名) 出来事、事件

address

(動) 取り組む、話しかける、コンタクトする

(名) 住所

[解] 非常に広い意味で「取り組む」という意味になります。ゴルフ用語の「アドレスに入る」はこのaddressから来ていると覚えると、イメージしやすいと思います。

delegate

(名) 代表者、使節

[解] 複数形(~s)で、使節団

sneak around

(動) 探し回る、嗅ぎまわる、詮索する

dump

(名) 汚い場所、ゴミ捨て場

(動) ~(不要なモノ)を捨てる

[解] ダンプカーのダンプです。ダンプカーは英語ではdump truckです。dumpはもともと動詞として使われることが一般的ですが、スラングの様な形で『クソみたいな場所』を指してdumpと言ったりします。劇中のthis dump=こんな小汚い場所、といったところでしょうか。

obvious

(形) 明らかな

carry

(動) ~を運ぶ

[解] with meをつけると、持ち歩く、という意味になります。

preparation for

(名) ~の準備

detective

(名) 刑事、探偵

[解] 名探偵コナンの英語タイトルは Detective Conan です。

end up Ving

(動) Vする結果に終わる、Vせざるを得なくなる

unprecedented

(形) 前例のない

[類] precede: (動) 先行する、precedent: (名) 前例、predecessor: 前任者

atrocious

(動) 残忍な、極悪非道の、ひどい

unforgivable

(形) 許容できない、許せない

in particular

(副) とりわけ、特別に

guilty

(形) 有罪の

party

(名) 集団、グループ

individual

(形) 個人の

confront

(動) 直面する、対決する

culprit

(名) 犯罪者、犯人

intentionally

(副) 意図的に

curiosity

(名) 好奇心、探索心、探求心、興味

[派] from my curiosity: 興味本位で、なんとなく

insert

(動) 挿入する

fake bottom

(名) 二重底

[解] fake: (形) 偽の

ink reservoir

(名) インク受け

[類] reservoir: (名) 貯水槽、貯める場所

insulator

(名) 絶縁体、断熱材、隔離者

prevent A from Ving

(動) AがBするのを妨げる、妨害する

[類] keep A from Ving : AがVするのを妨げる、妨害する

circuit

(名) 回路、サーキット

ignite

(動) 着火する

contain

(動) 含有する、含む

evidence

(名) 証拠

completely

(副) 完全に

believable

(形) もっともらしい、信頼のおける

excuse

(名) 言い訳

(動) 許しを請う(excuse me)

slight

(形) 僅かな

qualify

(動) 数値化する、定量化する

penitentiary

(名) 刑務所

sentenced to X years for A

(形) Aで懲役X年の

steadily

(副) 定常的に

inmate

(名) (病院・刑務所などの)収監者、収容者、在院者

drop like flies

[イ] バタバタと倒れる、次々と倒れる

[解] fliesはハエの事です。ハエがバッタバッタと死んでいく様を表しています。

scary

(形) 怖い、恐ろしい

[解] 幽霊や野生動物に直面した時の様な怖さを言います

make sure 文

make sure to V

[イ] (命令文で)確実に~しなさい

pop up

(動) 現れる

savior

(名) 救世主

tons of

[イ] 大量の

succession

(名) 継続、続き、継承、一連の出来事

politically

(副) 政治的には、表向きには

be bound to V

(動) ~するように制限されている、~せざるを得ない

rather

(副) ①それどころか ②よりも ③かなり、結構

[解] ratherは沢山の意味があります。②の比較を表すrather A than B(BよりA)が良く使われますが、①のように動詞や文の前において副詞(句)として逆説的な意味を表す使われ方をします。また、形容詞の前において③かなり、結構の意味でも使われます

anonymous

(形) 匿名の (名) 匿名

say out loud

[イ] 大声で言う、声高に言う

cheer for

(動) ~を応援する、~を元気づける (チアガールのチアです)

be forced to V

(動) ~せざるを得ない、~しなければならない

apologize for

(動) ~について失礼する、~を謝る

interruption

(名) 中断、妨害

as of now

[イ] 現時点にて

bring 人 モノ

(動) 人にモノを紹介する

[解] 直訳すると「人にモノを持ってくる」なので、人にモノを紹介するになります。何かを説明したりする時に「We will bring you our new product: 私たちの新しい製品をご紹介します」のように使われます。to を入れて、bring 人 to モノ の形の方が、良く使われると思います。

head up

(動) (組織などを)率いる、頭を務める

[類] 似たような言葉で 「heads-up: (動) 頭出しをする、ちょっと話しておく」 という言葉があるので注意してください。よく公式な打ち合わせの前に、軽く話しておく時に使います

otherwise known as~

[イ] 別名~、人呼んで~

[解] o.k.a. と略すことがあります。

every single one of~

[イ] ~を一つ残らず

hunt (人) down

(動) (人を)追い詰める、(人を)捕まえる

convict A

(動) Aに有罪判決を下す、Aに有罪宣告する

oppose

(動) 反対する

cross

(動) 怒らせる

[解] 十字架のクロスから来ています。十字架を切らせる程の事をさせている、というニュアンスです。キリスト教圏ならではの表現です。

just in case

[イ] (副) 念のため

witness

(動) 目撃する、証言する

indeed

(副) 実際に

be scheduled

(動) 予定されている

arrest

(動) 逮捕する

He got you

[イ] やられたな!

[解] 「主語+got+人: (主語が人を)やっつける」 という意味の会話表現です。なのでHe got you=彼が君をやっつけた=やられたな!です。He got me! だと「やってくれたな!」みたいなニュアンスになります(Death NoteでLとライトが実際に対峙する場面で出てきます!)

assure

(動) 保証する

You bastard

[イ] クソ野郎が!

take it too far

[イ] やりすぎている、行き過ぎである

live broadcast

(名) 生放送、生中継

freaky

(形) 異常な

although

(副) ~であるが(文頭に用いる事が多い)

by far

[イ] はるかに

deduce

(動) 推論する、推察する

to be honest with you

[イ] 正直に言うと、率直に言えば、ぶっちゃけ

certainly

(副) 確かに、確実に

live up to

(動) (評判・期待など)に応える、(規律・信念など)に従って生きる

reputation

(名) 評判

prove

(動) 証明する

commit murders

(動) 殺人を犯す

I don’t mind Ving

[イ] Vするのは厭わない、Vは気にしない

reveal

(動) 明らかにする

eliminate

(動) 排除する、抹消する